ガーデニングの防虫対策

ガーデニングを楽しむ際には多くの人が虫対策に
悩まされると思います。ガーデニングで防虫を行なう
場合には、殺虫剤や忌避剤が用いられることが多いです。

殺虫剤といってもいろいろな種類のものがあります。
直接虫に噴霧するものや、地面にまいておくと植物が
薬剤を吸収し、その葉を食べた虫が死ぬというもの、
殺虫剤入りのエサを虫に食べさせるものなどのタイプ
です。

殺虫剤は即効性があり、防虫効果も長く持続する
という特徴があります。一方でデメリットもあります。
殺虫剤には人体にも有害な成分が多く含まれており、
噴霧することで多少なりともその成分を吸い込んでしまう
からです。

特にベランダのように、狭い場所でガーデニングを
行なっている場合は注意が必要です。そこで殺虫剤を散布すると、
その吸引量は多くなってしまいます。

家庭菜園などに散布した場合、せっかく作った
野菜に有害な殺虫剤が残留してしまうということにも
なりかねませんので、細心の注意が必要です。

この有害な殺虫剤の代わりとして近年注目されて
いるものに、虫などを寄せ付けなくする“忌避剤”があり、
ガーデニングではこの忌避剤として木酢液などが
よく用いられるようになりました。

木酢液には殺虫剤のような人体に有害な成分もなく、
また土中の有用微生物が活発に働くようになるなど、
防虫のみならず植物の生育にもよいというのが
特徴だと言われています。



綺麗なお花画像はこちら



posted by gard at 20:58 | 防虫
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。